TOPページ  > スルーザグリーン  > 暫定球を宣言せずに別のボールを打った後に、初めのボールを打った

2014/8/2
その他に2件追加

2014/5/26
その他に1件追加

2014/5/5
スルーザグリーンに2件追加

2014/4/20
スルーザグリーンに2件追加

2014/4/5
スルーザグリーンに2件追加


暫定球を宣言せずに別のボールを打った後に、初めのボールを打った

4打罰となります。

ブラインドになっているグリーン方向へ第2打を打ったが、実際に行ってみるとボールがなかなか見つからない。 5分は経っていなかったが念のため戻って別のボールを打った後に、最初のボールが見つかったので、 後から打った別のボールをピックアップして最初のボールでプレーを続けた。

このような状況では、後から打った別のボールは暫定球にならない (暫定球は最初のボールを探しに行く前に、宣言した上で打ったとき以外は認められない)ため、 別のボールを打った時点でそのボールがインプレーとなり第4打となります。 最初のボールは紛失球として扱われます。

最初のボールが見つかった時に別のボール(インプレーのボール)をピックアップしていますので、 この行為に対して1打罰が科されます。 そして、紛失球となっている最初のボールを打ったため誤球となり2打罰が科されます。

従って、最初に別のボール(インプレーのボール)をピックアップした場所にできる限り近いところに戻り、 第8打として打ち直さなくてはなりません。プレーをやり直さずに次のホールのティショットを打ってしまうと失格になります。