TOPページ  > ティーインググラウンド  > ダウンスイング中にクラブが折れて空振りしてしまった

2014/8/2
その他に2件追加

2014/5/26
その他に1件追加

2014/5/5
スルーザグリーンに2件追加

2014/4/20
スルーザグリーンに2件追加

2014/4/5
スルーザグリーンに2件追加


ダウンスイング中にクラブが折れて空振りしてしまった

ダウンスイング中にクラブが折れた場合は、空振りでもストロークとなります。 ですから、1打としてカウントされます。

折れたクラブヘッドがボールに当たってボールが動いた場合は、 通常のストロークと同じ扱いとなり、止まったところからあるがままのライで打たなくてはいけません。

なお、バックスイング中にクラブが折れた場合はストロークにはなりません。 ダウンスイングに入ったときには既にシャフトだけになっていますので、クラブと認められないからです。 すなわち、ダウンスイングに入った時点でクラブがクラブとして認められる状態であるかどうかに、 ストロークかストロークでないかを判断するポイントがあるということになります。