TOPページ  > その他  > 6インチ・プレースの扱い方

2014/8/2
その他に2件追加

2014/5/26
その他に1件追加

2014/5/5
スルーザグリーンに2件追加

2014/4/20
スルーザグリーンに2件追加

2014/4/5
スルーザグリーンに2件追加


6インチ・プレースの扱い方

悪天候(豪雨、豪雪、台風など)後のラウンドなどでは、 ボールの落下地点によって次打が著しく不利な状況になる場合があります。 そのような場合、ローカルルールで「6インチ・プレース」が認められる時があります。 「6インチ・プレース」とは、簡単に言うと ボールの止まっている位置から6インチ(15cm)動かしても良いというものです

しかし、6インチ動かしてもライが悪いからという理由で、 ホールに近づく方向にボールを動かす人もいるようです。 しかし、これは誤所からのプレーとなり2打罰となります。 また、これを繰り返していると重大な違反となり、競技などでは失格に成りますので注意して下さい。

なお、ボールを拾い上げて6インチ以内に置き直す前にボールを位置をマークしなければなりません。 このマークを基準に、ホールに近づかず、6インチ以内にプレースします。